男性型脱毛症(AGA)治療【ミノキシジル】の特徴や正しい使用方法

育毛剤

ロニタブ10mg7箱セットを通販で購入する
70錠 18,645円(1錠 266円)

ミノキシジルは、AGAの治療に効果的だとされている外用薬です。ミノキシジルは商品名ではなくて主成分の名前です。

当初はアメリカで高血圧の治療薬として開発されていましたが、発毛効果が見られたことから発毛用の薬として用いられるようになりました。

日本ではリアップなどが非常に有名で多くの人が購入していると思います。

しかし、ロニテンは内服薬ですので外用薬よりもより手軽に続けることが出来るので紹介していきます。

ロニテンの基本情報

 

製薬会社インタス社
主成分ミノキシジル
服用方法1日1回1錠
効き始める期間半年~1年

 

ロニテンの特徴

ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として開発されていて、なぜ発毛するのか、そのメカニズムについてはまだはっきりとは分かっていません。

 

しかし、その中で、いくつか判明しているメカニズムもあります。

 

1つは、血流が改善される作用があるということです。

 

血圧を下げる為に血管拡張作用があるのですが、血管が拡張されて血流が良くなることで髪にしっかりと栄養が行き渡るようになります。

 

もう1つは細胞増殖作用と細胞成長因子産生作用によるところがあります。

 

ミノキシジルは毛包に直接作用し、毛母細胞を活性化・分裂させます。この活性化には細胞成長因子が作用していると考えられており、このことからミノキシジルには成長因子の作用増強作用や産生促進作用があると考えられています。

 

ミノキシジルは日本でももう認可されていて、リアップなどが販売されていますが、このロニテンは主に内服薬です。

 

一般用医薬品として販売されているミノキシジル配合育毛剤の成分濃度は、最大でも5%となっています。

 

しかし、ロニテンは10mg錠で服用することが出来ますし、まだ日本では外用薬しか販売されていません。

 

一般的に服用したほうが効果があると言われていますのでより高い効果を実感できるようになります。

 

ミノキシジルで起こりうる初期脱毛について

主成分ミノキシジルを使い始めると初期脱毛と呼ばれる現象で、一時的に抜け毛が増えることがあります。

 

よく初期脱毛が起こり始めると身体と合わなかった為に抜け毛が起きていると勘違いされるケースも少なくありませんが、この初期脱毛は正常に作用している証拠でもあります。

 

ミノキシジルを使用すると、男性型脱毛症(AGA)によって乱れていたヘアサイクルが正されます。

 

ヘアサイクルが正されることで、乱れたヘアサイクルのせいで生えていた短く弱い髪が抜け、強く長い髪が生えてくるようになります。

 

この短く弱い髪が抜けるのが、初期脱毛なのです。そのため、ヘアサイクルの状態によって初期脱毛の有無が変わりますし、人によって抜ける量も変わってくるのです。

 

ミノキシジルの副作用について

一般的に日本で処方されるミノキシジル配合の商品は外用薬です。

 

外用薬の場合は副作用が少ないと言われていますが、ロニテンは内服薬ですので外用薬よりも副作用が出ます。

 

副作用は下記です。正し、全ての副作用が出るというわけではありません。

・嘔吐
・めまい
・動悸
・胸痛
・痒み
・体重増加
・血圧低下
・心拍数増加
・むくみ
・白血球減少症
・血小板減少症
・吐き気
・多毛症
・クレアチニン、血中尿素窒素の一時的増加
・腹痛
・発疹
・息切れ
・疲労感
・血中酵素増加

 

この中で起こりやすい副作用として頭痛や頭皮のかゆみ、発赤などがあります。

 

試してみて身体に副作用が強く出てしまった場合は、無理に使用することはせずに、ピルカッターなどで半分に割って服用するようにしましょう。

 

日本で一般的に販売されているものは外用薬で5%ですから内服薬を半分に割って5%に割って使っても十分に効果が出ることが予想されます。

ロニテンのジェネリック医薬品

育毛発毛というのは長い間使用しないと中々効果は実感できません。

 

1ヶ月や3ヶ月では効果がなく半年でようやく増えてきたという実感する人もいますし、遅い人の場合長ければ1年以上かかることも珍しくありません。

 

つまり継続的に利用していく必要があります。

 

継続利用の場合どうしても金銭的負担が増えてしまうのでその場合はロニテンのジェネリック医薬品であるロニタブを使うようにしましょう。

 

少しでも安く購入すれば金銭的負担も軽減されますし、半分に割って使っていけばかなり値段も抑えることが出来るのでオススメです。
ロニタブ10mg7箱セットを通販で購入する
70錠 18,645円(1錠 266円)

ロニテンのまとめ

日本でもリアップで有名になったミノキシジルですが、日本で処方されているよりも高濃度配合されているロニテンは外用薬ではなくて内服薬のためより効果が実感できると思います。

 

副作用が強く出た場合などは半分に割って服用するなどしてストレスに感じない程度に継続的に利用するようにしましょう。

 

決して無理せずに継続利用していくことが大事です。

コメント