次世代のED治療薬【ステンドラ】の特徴や持続作用時間

ED治療薬

アバナ100mg × 7箱を通販で購入
28錠 16,303円(1錠 582円)

日本ではまだ認められていなくても世界にはどんどん新しい薬というのが誕生しています。

 

それはED治療薬でも同じことが言えるわけでこれまでバイアグラ・レビトラ・シアリスがあまりにも世界的に有名のためこの三つを三大ED治療薬と呼ばれていました。

 

ED治療薬の中で次の世代と言われている最新のED治療薬と言われているのがステンドラですので紹介していきたいと思います。

ステンドラの基本情報

 

製薬会社Vivus社
主成分タダラフィル
薬が効き始める時間服用後最短15分
作用時間最大5時間

 

ステンドラの特徴

ステンドラの魅力というのは他のED治療薬の良いところを掛け合わせたED治療薬と言える点です。

レビトラのような即効性があり、シアリスのように食事の影響を受けづらいという特性を併せ持っています。

 

例えばレビトラの場合は即効性を感じることが出来ても食事の影響を受けやすいので空腹時の状態で服用しなくてはいけませんでした。

 

しかし、ステンドラの場合はシアリスのように牛丼一杯程度(800kcal以内で脂質が30%未満)であれば食事をしても薬の効果を実感することが出来るのです。

 

ED治療薬を服用しようと思ったらなるべく食事制限をしますが、デート中などはどうしても食べ物を口に含むことも多いですよね。

 

ある程度脂質を抑えながら少量の食事ならばステンドラの場合は影響を受けず、かつ即効性があるので非常に使い勝手もいいです。

 

ステンドラも他のED治療薬と同様に3つの規格から販売されています。主成分アバナフィルの含有量の違いから【50mg・100mg・200mg錠】の3つです。

 

価格はステンドラの100mg錠が1錠あたり1,500円程度、200mg錠が1錠あたり2,000円が平均です。

 

購入する際に他のED治療薬と違った含有量の表記がされているので注意して確認するようにしましょう。

 

またそもそもステンドラの主成分であるアバナフィルは日本の田辺三菱製薬が開発を進めていました。

 

そこからアメリカのヴィヴィス社に日本と一部のアジアの除く販売権などを全て譲渡して2013年にアメリカで認可かおりた新しいED治療薬なのです。

 

日本ではまだ未認可ではありますが、世界中でこのステンドラは販売されています。

 

もう1つステンドラの特徴として個人差がありますが、副作用が少ないという特徴も持っています。

 

どうしても血管を拡張させる働きがあるので、て顔のほてり、紅潮、鼻づまり、頭痛、目の充血などの症状は現れますが、副作用がぐっと収まったという人もいるようです。

ステンドラのジェネリック医薬品


日本ではまだ認可がされていないステンドラですが、実はもうジェネリック医薬品まで販売されています。

 

これだけ日本と世界では開きがあるのが現状なのですが、次世代のED治療薬を安く手に入れることが出来ると思ったら一度は試してみたいと思いますよね。

 

医薬品個人輸入代行サイトを利用してED治療薬などを購入したりしている人は驚かないかもしれませんが、日本ではステンドラよりもジェネリック医薬品であるアバナのほうが有名です。

 

自制代のED治療薬であるステンドラを試してみたいと思うけどちょっと高いなぁ~って思っている人はアバナを試してみましょう。

アバナ100mg × 7箱を通販で購入
28錠 16,303円(1錠 582円)

ステンドラのまとめ

バイアグラ・レビトラ・シアリスこの3つが日本ではようやく浸透してきたぐらいですが、世界に目を向けてみると常に新しい医薬品が開発されて販売されています。

 

そしてもはや最新の医薬品のジェネリック医薬品などが手に入るということもあり、非常にリーズナブルに最新の薬を利用することが出来るのです。

 

新しい物好きならば絶対に試してみる価値はあります。そして目新しいだけではなくてしっかりとした使いやすさも兼ね備えているので今後注目のED治療薬と言えるでしょう。

アバナ100mg × 7箱を通販で購入
28錠 16,303円(1錠 582円)

コメント