第2世代のED治療薬【レビトラ】の特徴や持続作用時間

ED治療薬

レビトラ20mg × 7箱を通販で購入
28錠 34,159円(1錠 1,219円)

バイアグラの次に発売されたレビトラは先進医療国として有名なドイツでもさらに大企業として知られている製薬会社のバイエル社から発売されました。

 

世界中で名前が知られ、使用されている世界中で使用されているアスピリンを開発した製薬会社として広く知られています。

 

他にも様々な医療用医薬品だけではなくて、さまざまな医療関連品を開発・販売しており、日本でも名前は聞いたことがあるという人も多いでしょう。

 

一般の人にまで名前を知っている人も多いほどの世界的大企業です。

 

そんな世界的大企業のバイエル社から発売されるED治療薬として発売前から注目されたレビトラについて紹介していきます。

レビトラの基本情報

 

製薬会社バイエル社(ドイツ)
主成分有効成分バルデナフィル
薬が効き始める時間服用後最短15分
作用時間最大10時間

レビトラの特徴

レビトラは2003年3月に欧州で販売され、そこから8月にアメリカで発売がスタートして、日本では2004年4月に承認されてバイアグラと同様に比較的早く承認されたのです。

 

6月から日本の病院でも処方されるようになりました。

 

やはりバイエル社ということもあって信頼度が高かったことが承認も早かったのではないでしょうか?

 

またレビトラはバイアグラとよく似た化学構造式を持っており、どちらも作用機序は基本的に同じであったことも承認が降りるのが早かったのでしょう。

 

では明確にバイアグラとレビトラの違いを挙げるとしたらレビトラは即効性があるという点です。

 

バイアグラの場合、胃の中が空っぽの状態で服用して大体40分~1時間ほどかかると言われていますが、レビトラの場合は最短15分から効果を発揮します。

 

体感的には服用してすぐに効果が現れると思います。

 

例えば性行為をするとなって相手がシャワーを浴びている時に1錠服用して、その後自分もシャワーを浴びてとなるとそれだけでもう15分ぐらいは経過をしていることでしょう。

 

つまり、効果が現れるまで待つ必要がないので、すぐに性行為に臨むことが出来ます。

 

この即効性がやはりバイアグラにはなく、レビトラの最大の特徴と言って良いでしょう。

 

というのもレビトラの主成分である塩酸バルデナフィル水和物は非常に水溶性で水に溶けやすいです。

 

胃の中に入ってからもすぐに溶け出して体内に回る為に少ない時間帯で効果を発揮するのです。

 

この即効性が非常に利用しやすいと高い評価を得ている理由です。

 

また食事に関してですが、レビトラの場合はメーカーでは700kcal未満以内に食事抑えた形で服用するように推奨はされていますが、レビトラはバイアグラと同様に食事の影響を受けやすいです。

 

レビトラの最大の特徴でもある即効性を体感したいと思ったら胃の中がからっぽの状態で服用したほうがいいでしょう。

 

レビトラの規格はバイアグラと同様に3つの規格から販売されていますが、容量の記載が違います。

 

レビトラは主成分バルデナフィルの含有量によって分けられています。

 

レビトラは【5mg錠・10mg錠・20mg錠】の3つです。

 

バイアグラは【25mg錠・50mg錠・100mg錠】ですので含有量の違いに注意しましょう。

 

レビトラ5mg錠に関しては含有量が少ないためあまり病院でも処方されません。

 

日本人の体型の場合10mg錠でも十分に効果を発揮すると言われています。

 

最初に10mg錠を服用して効果がいまいちと思った場合は、10mg錠をもう1錠追加で服用しても問題ないですが、高容量配合された20mg錠は連続で服用してはいけません。

 

また服用したら1日1錠までが原則であり、服用後は必ず24時間以上空けてください。

 

薬の効果は20mg錠の場合最大10時間まで効果が持続すると言われています。

 

約半日持ちますので例えば夕方から服用しても薬の効果は持続するので即効性だけが注目されていますが、服用したら半日は持つと思えば使用する側としても使い勝手がいいことが分かると思います。

 

レビトラの偽物の薬に注意

即効性があり、服用すれば最大10時間もの間効果が持続するということもあり、非常に高い人気を誇っている分。やはり偽物などが多く出回っていることに注意してください。

 

必ず購入しようと思ったら大手サイトを利用することをオススメします。

 

詳しくはトップページをご覧下さい。

レビトラのジェネリック医薬品

日本ではまだレビトラのジェネリック医薬品は処方されていません。

 

しかし、海外ではレビトラのジェネリック医薬品が販売されています。

※現状レビトラのジェネリック医薬品は新たに製造されることはなく、今ある在庫分だけが販売されています。つまり今ある分しか購入できないので試してみたいという人はお早めに購入することをオススメします。

バリフ


レビトラジェネリック医薬品として非常に有名なのがバリフです。

 

レビトラを試してみたいけれど1錠あたりの値段は約2000円ほどします。

 

試してみたいけれど高いと感じる人はバリフを利用しましょう。

 

バリフを製造をしているのがアジャンタファーマ社という会社であり、日本では知名度は高くないですが、ジェネリック大国のインドにおいて大手の製薬会社で1973年に設立されて、2000年にはインドの株式会社にも上場しています。

 

アジャンタファーマ社は世界中に2500人以上の従業員を雇用しており、5つの工場を持っていて世界25カ国で販売されています。

 

レビトラのジェネリック医薬品としての知名度はもちろんのこと安心して利用できます。

 

バリフの価格は1錠あたり298円です。しかし、まとめて購入することで割引が適用されて3シートセットで購入すれば1錠あたり225円で購入できるとあってかなりお得ですのでなくなる前に購入することをオススメします。

バリフ3シートセットを通販で購入
30錠 6,750円(1錠 225円)

レビトラのまとめ

即効性が高いだけではなくてバイアグラの倍以上長く持続作用があるレビトラは日本でも非常に有名なED治療薬です。

 

病院からもとりあえずレビトラを処方されることが多いので勃起不全に悩んでいる人は一度は試したことがあるかもしれません。

 

医薬品個人輸入代行サイトであれば、わざわざ病院に行かなくても通販で購入することが可能ですし、レビトラのジェネリック医薬品であるバリフをまとめて購入すれば1錠あたりの値段はかなりの差になります。

 

レビトラのジェネリック医薬品は今後作られる予定がなく、在庫分しか販売されないので試してみたいと言う人は是非とも早めに購入することをオススメします。

 

コメント