緊急避妊ピル【エラ】の効果と正しい服用方法や副作用を知る

避妊薬

エラを通販で購入 1箱に1錠 4980円

避妊具が破れてしまったとか、予期せぬ事態に陥った膣内に射精をされてしまったことで、なんとしてでも妊娠を逃れたいと思ったときに使用するのが緊急避妊薬(アフターピル)です。

 

避妊に失敗してしまって、望まない妊娠を避けたい方、いざという時の備えとしてアフターピルは女性は必ず用意をしておくようにしましょう。

 

アフターピルにおいて一般的に緊急避妊薬で避妊効果を得るには72時間以内の服用が必要になりますが、エラの場合は120時間以内(5日以内)に服用する事で95%以上の確率で避妊に成功します。

 

家族に内緒にしたいとか病院に行って確認するのが恥ずかしいと思う女性もいると思います。

 

1錠緊急避妊薬を持っておくことで万が一に備えて用意しておくことで心強いと思います。

 

緊急避妊薬として高い効果をもつエラについて紹介します。

エラの基本情報

 

製薬会社アブディイブラヒム社
主成分ウリプリスタル酢酸エステル
作用時間120時間以内に服用する

 

エラの特徴

一般的に緊急避妊薬として処方される医薬品としてプラノバール錠、ノルレボ錠で十分な避妊効果を得るには72時間以内での服用しないと効果を得ることが出来ません。

 

しかし、エラの場合であれば120時間、5日間以内に服用しても95%以上が避妊に成功をするということで服用するまでの期間が長いです。

 

早い段階で服用さえすればそれだけ確率は高まっていきますが、予期せぬ望まない妊娠を防ぐためにはいざというときに備えておくことがいいでしょう。

 

服用後3日~21日ほどでまとまった出血が見られると避妊成功と判断していいですが、出血が見られない時には、産婦人科を受診しましょう。

 

ただし緊急避妊薬に関しては副作用がかなり強く出ると報告されています。

 

具体的な副作用としてはエラには頭痛、吐き気、腹痛、月経困難症などの副作用が報告されていますし、他にも肌あれだったり、関節痛、全身の気だるさや精神的な不安や感情の起伏が激しくなったりします。

 

特に副作用の中で挙げたいのが強い吐き気に悩まされます。

 

エラを服用してから3時間以内に嘔吐してしまった場合には、再度エラを服用しないと十分な避妊効果を得ることが出来ません。

 

予期せぬ事態にならないように避妊具をつけたり妊娠しやすい日に性行為をしないといった対策をすることが一番ですが、やはり1錠はもっておきたいものです。

 

エラを通販で購入 1箱に1錠 4980円

エラのジェネリック医薬品

エラのジェネリック医薬品があります。エラワンと呼ばれるもので、先発医薬品のエラと同等の効果を発揮します。

 

安く購入できるといってもそこまでの違いはないので、先発医薬品のほうがオススメですが、少しでも値段を下げたいという人はエラワンを購入しても良いでしょう。

 

エラワンを通販で購入 1箱に1錠 4,557円

エラのまとめ

緊急避妊薬として従来よりも複数する期限内が72時間以内から120日以内まで伸びているので多少服用するのに手間取ったとしても間に合うのがエラです。

 

予期せぬ事態に1錠は用意しておいて、まずは緊急避妊薬である、エラを服用して、その後にどうしても不安だと思うのであれば産婦人科に行って相談をしましょう。

 

まずは服用して3時間以上は強い吐き気が来たとしても耐えるようにしてください。

 

また低用量ピルと違って常に服用するものではないので1錠でも良いと思いますが、女性は必ず1錠は用意しておくべきです。

 

予期せぬ事態になってどうしようと思ってあたふたするのではなくて、1錠用意しておくだけで対処できる安心感を持っておいたほうが良いでしょう。

 

とはいえ副作用はどうしても強く出るので予期せぬ事態にならないように過ごすようにしましょう。

エラを通販で購入 1箱に1錠 4980円

コメント