TOP

医薬品というのはとても進化していますよね。

 

普段は健康でいるのが当たり前ですが、風邪などの病気にかかった時に健康の大事さとお薬のありがたみを感じることでしょう。

 

またもう1つ医薬品でありがたいと感じるのは自分のコンプレックスを改善することが出来るという点です。

 

例えばED(勃起不全)で悩んでいる人は満足に性行為をする事が出来なくて苦しんでいるわけです。

 

他には育毛や増毛に関しては主に男性が何とかしたいと思っていてもなんとなく病院に行くのに抵抗があるという人が多いです。

 

自分にコンプレックスを抱えていてどうにかしたいけれどわざわざ病院に行くほどでも無いと考えている人は多いです。

 

ただし、病院に行くのが恥ずかしいとか時間がないとか、そもそも病院に行くまでして欲しいわけではないと思っている人が多いです。

 

ただし、ED治療薬などでは現状で言えば媚薬などの不確かなもので勃起をするかどうかを検証するよりかは医薬品としてきちんと認められた薬を使ったほうが絶対に効果はあります。

 

誰もが自分の中で抱えているコンプレックスを改善したいと思っているわけです。

 

世界で始めて医薬品として認められたバイアグラは世界中で愛用されています。

 

日本でも多くの人が利用していますし、バイアグラの他にもレビトラシアリスなどの新しく誕生したED治療薬も出てきています。

 

まずは試してみる価値は十分すぎるほどあると言っていいでしょう。

 

試してみたいけどどうしても近くに病院がないとか行く時間がない人もいると思います。

 

そういった人は諦めないで「お薬を通販で購入する」ことが出来るということを知っていますか?

 

もちろん通常のAmazonや楽天などでは病院で処方されるような医薬品に関しては通販で購入することは出来ません。

 

病院で処方される薬を通販で手に入れたいと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを利用する必要があります。

 

上手にインターネットを活用することでバイアグラ・レビトラ・シアリスを通販で購入することが出来る時代になってきているのです。

 

もちろんED治療薬以外の薬も購入することが出来ます。

医薬品個人輸入代行サイトとは


あまり医薬品個人輸入代行サイトを聞いたことが無いと思います。

 

本来、国内の医薬品を通販で購入するというのは禁止されています。

 

近年法律が変わり、ドラッグストアなどで販売されているものであれば通販をしても良いとされていますがバイアグラやレビトラやシアリスといった病院で医師の説明を受けて処方される医薬品に関しては副作用も強いので通販はできないと定められているのです。

 

しかし、例外があり、それは海外の医薬品を個人使用の目的でのみ通販で取り寄せることが出来ます。

 

ただ、海外から医薬品を取り寄せようと思っても海外の言葉が喋れないといけませんし、そもそも現地の人との繋がりが無いといけません。

 

さらにその人と価格や送料や手続きの交渉をしなくてはいけません。

 

普通に考えて一般の人では難しいです。そういった諸々の手続きを代行してくれるのが医薬品個人輸入代行サイトです。

 

なんだか難しそうと思うかもしれませんが一度でも通販で商品を購入したことがあれば迷うことはないと思いますし、インターネットが苦手で通販をしたことがないという人でも画面を見ながら作業をしていけば簡単に出来るようになっています。

 

医薬品個人輸入代行サイトを利用するメリットは沢山あります。

 

24時間いつでもボタン1つで購入可能


医薬品個人輸入代行サイトのメリットとしてまず最初に挙がるのが24時間、時間も場所も選ばずにクリック1つで注文できるという点です。

 

そもそも近くに病院が無いという人や病院に行く時間が無いという人、病院に行くのが恥ずかしいと思っている人でも自宅にいながらパソコンやスマホ1つで購入できてしまうわけです。

 

非常に便利です。クリックして注文をすればお届け先に届くのはとても便利です。

 

安く購入できる


病院に行って薬を処方してもらうというだけで大体半日ぐらいはなんだかんだ時間を取られてしまうでしょう。

 

近くに病院がある人でも知り合いに見られるのを避けるためちょっと離れた場所の病院に行くと思います。

 

病院に行って薬を処方してもらいに行くだけでも交通費がかかりますし、そこから診察料などもかかります。

 

さらに病院で一度に貰える量は多くても1箱程度でしょう。

 

ある程度通わなければいけないので、薬以外にかかる金額も上乗せされてしまうわけです。

 

しかし、医薬品個人輸入代行サイトの場合はまとめて購入すれば割引が適用されるだけではなくて送料無料で、さらにポイントバックで次回購入時で安く買えます。

 

時間も手間もかからないだけではなくて安く済むのもいいですよね。

 

最先端の医薬品が手に入る


医薬品個人輸入代行サイトのメリットとしてあげたいのが、最新の医薬品が手に入るという点です。

 

残念ながら日本は医療分野においてはかなり置いていかれている状況です。

 

他の国がすでに販売されていて効果が認められていたとしても日本の薬の認可をする厚労省の認可が降りるまでにとても時間がかかります。

 

一説には10年以上遅れているケースも珍しくありません。たまに難病の人がアメリカなどの先進医療国に渡って手術を受けていたりしていますが、それも日本の医療が遅れているからです。

 

医薬品でも同じことが言えます。

 

例えばED治療薬はバイアグラ・レビトラ・シアリスが販売されていますが、他にも新しい第4のED治療薬ステンドラも販売されています。

 

また医薬品には新薬と同等の成分が配合されたジェネリック医薬品が販売されていて安く購入できます。

 

例えばED治療薬の場合、現状バイアグラジェネリックしか販売されていませんが、世界シェア率NO.1にも選ばれたことがあるシアリスのジェネリック医薬品を手に入れることが出来るのです。

 

また先ほど述べた新しい第4のED治療薬のステンドラは日本ではまだ未承認で販売すらされていませんが、海外ではステンドラのジェネリック医薬品であるアバナが販売されているのです。

 

それだけ日本と世界では差が広がっているのです。

 

他にも新しい分野の医薬品なども認可が降りていないことも珍しくありません。

 

そういった事情がありますが、医薬品個人輸入代行サイトを利用すれば簡単に世界の最新医薬品やジェネリック医薬品を購入することが出来ます。

 

利用すればするほど医薬品個人輸入代行サイトがいかに利用すべきサービスか分かると思います。

大手サイトの選び方

個人輸入のメリットは十分に理解していただけたかと思います。

 

しかし、便利なサービスには必ずといっていいほど悪徳業者が潜んでいます。

 

医薬品個人輸入代行サイトのメリットの中で安く購入できると言うものがありますが、明らかに他よりも安すぎる医薬品には注意して下さい。

 

医薬品にも相場があります。相場よりも明らかに安すぎる場合は悪徳業者が偽物の薬を販売している可能性があります。

 

現状インターネット上で販売されているおよそ半分以上の実に54%が偽物の薬と言われています。

そしてその多くは日本に持ち込まれていると言われているのです。

 

警察なども力を入れて取締りをしていて取締りの件数はあがっていますが油断してはいけません。

 

偽物の薬は効果がないばかりか劣悪な環境で作られているので特に体内に悪影響を与えてしまう可能性があります。

 

自分の体に直接取り入れる医薬品なわけですから値段ばかりに目を向けるのではなくて安全性を重視しましょう。

 

通販サイト選びのポイントとして大事なのが大手サイトを利用することが大事です。

  • 運営している通販サイトの住所や電話番号・代表者など会社情報の記載
  • 利用者数が多く、サポートがしっかりしている
  • 運営歴が長く少なくとも3年以上運営している
  • 正規品のみのきちんと取り扱っているかどうか

以上のことをポイントにしましょう。

 

記載されている電話番号に実際に掛けてみたり、日本語でメールをして問い合わせをしても良いでしょう。

 

会社情報などが記載されていない、日本語が変なサイトは利用しないようにしましょう。

医薬品個人輸入代行との登録方法


何かと便利な医薬品個人輸入代行サイトですが、利用したことがないという人もいるでしょう。

 

しかし、実際にはとても簡単に利用することが出来ますし、手順も簡単です。

手順はこちら

  1. サイトに飛んで新規会員登録をクリック
  2. メールアドレスの入力して送信ボタンをクリック
  3. 運営側からメールが届くので青い文字で書かれたURLをクリック
  4. メールアドレスの登録が完了
  5. 荷物のお届け先を入力
  6. 支払い方法の入力(クレジットカードでの支払いの場合)
  7. 最終確認

サイトによっては順番が前後するかもしれませんが、基本的には同じ手順で出来ます。

 

一度登録をすれば次回以降の購入がわざわざ入力しなおさなくても簡単に購入できますし、ポイントバックがつきます。

 

色々と便利なので大手サイトを選んだら登録を済ませておきましょう。

ジェネリック医薬品について

医薬品個人輸入代行サイトでは日本では手に入らないジェネリック医薬品が簡単に手に入ります。

 

しかし、ジェネリック医薬品は効果がないみたいに言われていますよね。

 

また消費期限が切れた医薬品みたいな扱いを受けていますよね。

 

そういった間違った情報が出回っているのでしっかりと説明をしていきます。

 

ジェネリック医薬品は先に発売された新薬の特許期限が切れた医薬品です。

 

消費期限が切れた医薬品ではなくて特許が切れた医薬品です。

 

というのも新薬として認められたら向こう20年近くは独占的に販売をする事が認められています。

 

その特許が切れたら他の製薬会社も製造を許可されているのです。

 

新薬を開発するというのはとても時間がかかります。

 

開発期間は10年以上、開発費には100億円以上かかることも珍しくないわけです。

 

しかし、ジェネリック医薬品の場合は開発期間は3年程度で開発コストに関しては10分1程度で済むと言われています。

 

開発コストを抑えることが出来れば安い価格で販売がされるのです。

 

そしてジェネリック大国インドでは特許の基準が違うため、国内でどんどんジェネリック医薬品が作られています。

 

度々問題になっていて製薬会社と訴訟されて裁判沙汰になっているケースも珍しくありません。

 

しかし、貧困層への支援だったり、赤十字社がジェネリック医薬品を使っていたりすることもあり、世界的にはグレーゾーンとされています。

 

それでも実際に利用する側からしてみれば最新の医薬品が安く手に入るというわけです。

 

ジェネリック医薬品は新薬と同等の効果があると厳しい基準をクリアして認められて初めて販売されているので、ジェネリック医薬品には効果がないというのはただの思い込みか、もしくは個人での薬の相性に寄るところが大きいでしょう。

 

薬の保存方法

薬を少しでも長引かせたいと思ったら正しい薬の保存方法を知りましょう。

 

薬の消費期限は長いです。ED治療薬の場合だったら最長で2年ももちますが、正しい保存をしなければ劣化は激しいので注意しましょう。

 

薬箱に保存しておくと思いますが、最初に直射日光を浴びるところ、湿気の多いところは避けて一定の温度が保たれる場所が良いでしょう。

 

よく冷蔵庫に置かれている人も多いです。冷蔵庫の中というのは一定の温度が保たれており、湿気もないので保存場所としては問題ないと思います。

 

しかし、1つだけ気をつけて欲しいのが、暑い夏の日などに薬を持ち歩いて使うとなると冷たい所から暑い所に移ることで結露しやすくなり、変形をしたり固まったりするので気をつけましょう。

 

また開封してしまったらすぐに飲むようにしてください。

 

どうしても飲めなくなった状況になったり、高容量配合されたものを半分に割って服用する使い方をする場合は必ず空気触れないように、ラップで包んでさらにサプリメントケースなどに入れて密閉するようにしましょう。

 

劣化が早いので必ず3日、出来れば1週間以内に服用することが望ましいです。

 

薬に記載されている消費期限は未開封の状態を指しますので注意しましょう。

 

最後に変な味がしたり、舌に触れた時に違和感を感じたら飲み込まないで捨てるようにしましょう。

 

薬の効果が出ないだけではなくて時に悪影響を与えてしまう可能性があります。勿体無いと思うかもしれませんが、破棄しましょう。

病院と通販サイトの使い分け


非常に便利な医薬品個人輸入代行サイトですが、1つだけ気をつけなければいけない点があります。

 

それは商品を注文をしてから届くまでが非常に長いことです。

 

これはよくトラブルになりやすいので気をつけましょう。そもそも医薬品個人輸入代行サイトは海外からの取り寄せです。

昨今の通販は注文をすれば1日2日で届きます。都心部にすんでいる場合は注文をした日に届くことも珍しくないサービスが沢山あります。

 

しかし、医薬品個人輸入代行サイトは海外ですから当然、時間がかかります。

 

大体届くまでに7日間~14日間かかります、またインド発送の場合は最大21日間もかかるのです。

 

そのため今日デートだからED治療薬を購入しようと思って注文をしてもまず間に合わないと思って良いでしょう。

 

これを理解しないでいるとトラブルになりやすいので届くまでに時間がかかるということは理解しておきましょう。

 

また薬の知識をしっかりと頭に入れておかないで適当に服用してしまったり過剰摂取してしまうのは危険です。

 

病院で説明を受けてからでないと処方されないのはリスクがあるからで、過剰摂取をしてしまったら時には命の危険にさらされてしまうわけです。

 

中には一緒に服用してはいけない薬もありますから持病を持っていて今現在薬を服用している人は必ず専門の医者に相談をするようにしましょう。

 

最初は病院に行ってしっかりと説明を受けて薬の効果が実感できたら医薬品個人輸入代行サイトを利用すればいいです。

 

また直近で今すぐにでも必要なケースも病院に行けばその場でもらえるので病院と通販をうまく使い分けることが大切です。

 

まとめ

医薬品個人輸入代行サイトというのは非常に便利で今の時代はお薬が通販で購入できます。

 

今後ますます需要が伸びてくるサービスですが、実は10年以上前からあるサービスで実績もあるのでまずは大手サイトを利用して一度購入してみましょう。